Archive for: �年5月3日’

ファビピラビルの進行中の試験とメタアナリシス

2020年5月3日 Posted by aihara

シンガポールにおける現時点での推奨です。
Should favipiravir be used for COVID-19? – Ministry of Health

NCID does not recommend favipiravir for routine treatment of COVID-19 due to the absence of good quality peerreviewed data supporting its use
シンガポールの国立感染症センター(NCID)は、COVID-19の日常的な治療にはファビピラビルを推奨しない。(その使用を裏付ける良質の査読済みデータがないため)。

 
■ファビピラビルの進行中の試験:

*****************************
ファビピラビルに関するメタアナリシスの結果が早期に報告されてほしい。
Favipiravir for treating novel coronavirus (COVID-19) patients: protocol for a systematic review and meta-analysis of controlled trials
https://doi.org/10.1101/2020.04.27.20081471

 

中国におけるファビピラビル非ランダム化臨床試験

2020年5月3日 Posted by aihara

https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/20/03/22/06718/

研究内容が以下です。

■試験:
深セン市第三人民医院)で実施された非ランダム化非盲検比較試験(中国の臨床試験データベースの登録番号:ChiCTR2000029600

■対象:
16歳から75歳で、PCR検査で新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)陽性と診断され、発症から7日以内に同医院に入院した患者。重症例は除外

■介入:
ファビピラビル(アビガンのジェネリック)の投与(1日目は1回1600mg×2回、2日目から14日目は1回600mg×2回)にインターフェロンα吸入(1日2回500万ユニット)を併用

■比較対照:
標準療法に加えて抗HIV薬のロピナビル・リトナビル配合薬の投与(1日目から14日目まで1回100mg×2回と1回400mg×2回)にインターフェロンα(IFN-α)吸入

■試験デザイン:
倫理的な理由から、同一期間に入院した患者を、治療薬の異なる2群に割り付けるのが難しいことなどから、研究グループは、別々の期間に連続して入院した患者を2つの群に割り付けた。(ベースラインは同等)
介入群:35例、対照群45例

■アウトカム:
有効性(胸部CT検査の画像所見の改善率、ウイルスクリアランスまでの期間)と安全性

■結果:
胸部CT検査の画像所見の改善率は、ファビピラビル投与群で91.43%、ロピナビル・リトナビル投与群で62.22%で、交絡因子を調整した後でもファビピラビル群で有意に高かった(p=0.004)。また、ウイルスクリアランスまでの期間(中央値)は、ファビピラビル投与群で4日(四分位範囲:2.5日–9日)、ロピナビル・リトナビル投与群で11日(四分位範囲:8日–13日)と、ファビピラビル群で有意に短かった(p<0.001)。 副作用が認められた患者は、ファビピラビル群で11.43%(4例)で、内訳は下痢が2例、肝・腎障害1例、その他1例だった。また、ロピナビル・リトナビル投与群では55.56%(25例)

■結論:
ファビピラビル群では安全性、忍容性が認められ、投与中止に至った症例も無かったとして、投与期間が倍以上であってもファビピラビルは安全であると強調していた。

■注:
同臨床試験は、ランダム化や盲検化が行われていないことや、症例数が限られていること、別々の期間に被験者の組み入れを行ったことなど、臨床試験のデザインには限界があった。

*****************************
ファビピラビルに関するメタアナリシスの結果が早期に報告されてほしい。
Favipiravir for treating novel coronavirus (COVID-19) patients: protocol for a systematic review and meta-analysis of controlled trials
https://doi.org/10.1101/2020.04.27.20081471