Archive for: �年5月11日’

抗凝固薬使用群でCOVID-19入院患者の生存が良好

2020年5月11日 Posted by aihara

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0735109720352189

COVID-19患者2773人(in NY)の観察研究(Cox比例ハザードモデル)
抗凝固療法(AC)と非AC群を比較した。

ベースライン背景
AC群は、PT延長, APTT延長、LDH, フェリチン、CRP, D-dimerが高値であったが、人工呼吸例では有意差がなかった。
AC群は、非AC群よりも、侵襲性機械的人工呼吸を必要とした(29.8% vs 8.1%)。

結果
●AC群 786人は、非投与群に比べて生存が長かった(中央値 21日vs 14日)

●人工呼吸患者では、AC群は非投与群よりもさらに優位であった(入院中の死亡率:29% vs 63%、生存期間中央値:21日 vs 9日)。adjusted HR= 0.86 (0.82-0.89)

●出血イベントは、AC群で多く(3% vs 1.9%, p=0.2)、挿管された患者においては(7.5% vs 1.4%, OR=6.0 [3.6-10])

結論:
COVID-19入院患者の管理に関する検討のために臨床的洞察を提供しているが、前向きランダム化試験が必要である。

************************
COVID-19患者への抗凝固薬使用で血栓症関連の死亡が減りうるとの裏付けが増えていることを背景にして1Qに、Bristol-Myers Squibb(BMS)の抗凝固薬エリキュースが3億5000万ドル買いだめされた。
https://www.biotoday.com/view.cfm?n=90970

*エリキュース(一般名apixaban):経口FXa阻害剤